2年間の禁煙で変わった事・タバコはまだ吸いたいのか?

スポンサーリンク

どうも、吸っていた銘柄はメビウス・プレミアムメンソール・オプション・パープルのそにたんです。昨日(2021/03/15)久々に、そういえば禁煙してどれくらいか?と思って禁煙アプリを開いたら2年経っていたので


今回は禁煙2年目の私が禁煙して、変わった事などを書こうと思います。

禁煙1年目にも、記事を書いているので是非そちらから読んでみてください。

スポンサーリンク

吸っていた時から変わったこと

さて、禁煙をしてから実感した変化は何があるだろうと考えてみました
その結果以下のことが思いつきました

  1. 空咳が減った
  2. 朝の目覚めがよくなった
  3. 生命保険が安くなった
  4. 仕事の休憩時間が減った

空咳が減った

まず最初に私は、タバコを吸っていた当時
大学の後輩にこんな事をいわれました。
後輩『そにたんさん空咳多くないっすか?』...と
そんな事ないやろ〜とか言われた時に思ったのですが、隣にいた同期にも
同期『たしかに』...と一言言われました。
そんな私でしたが、タバコをやめて2年
いまや、全く空咳が出なくなりました。
元々喉が強くなかったのに、タバコを吸っていたのかな〜なんて思っています。

朝の目覚めがよくなった

喫煙者ならお分かりになる方が多数いらっしゃると思います。
寝る前に一服すると、朝目が覚めると喉が以外がして痛いんですよね笑
しかも、気持ち悪かったりと...寝る前に一服すると
寝起きが悪い事が頻繁にあるんですよね
それがどうでしょう、禁煙して2年がたった今
朝起きてもあの、喉の痛みやムカムカする気持ち悪さが基本的にはないじゃないか!
これも禁煙の効果であることは間違い無いでしょう。

生命保険が安くなった

私は禁煙して一年が過ぎた頃に、家族のために生命保険に加入しました。
初めての保険加入で、ほけんの窓口でいろいろ相談をしたのですが
生命保険の話を聞いてびっくり
なんと今のご時世、タバコを吸っていない人の方が保険料の安いプランがたくさんあるじゃ無いですか!?!?
私も、禁煙者の判定を無事突破し保険料が年間1万円ほど安くなりました。
1万円も差額があると考えるとこちらも、禁煙して良かったと思いますよね。

仕事の休憩時間が減った

今考えると良く無いことではあるけど
タバコを吸う人って、なぜかタバコ休憩が存在しますよね笑
これが、私にもありましてやはり二時間に一回くらいは
タバコ休憩をしていましたorz
それがなくなったので、今は休憩時間は減少したと思います。
タバコ休憩のコミュニケーションが減ったことと、頭をすっきりする気分転換がなくなったのは少し寂しいですね。

もう、吸いたくない?

結論から言ってしまえば、やはりたまに吸いたくなりますね。
2年経っても吸いてくなる瞬間があるんだから本当に依存性が恐ろしいですね。
初めから吸わない方が絶対良いですよ...
さて、どんなときに吸いたくなるかについてですが以下の3つが主な場面でした

  1. お酒を飲んだとき
  2. コッテリ系のご飯を食べた後
  3. ふと、タバコの匂いがした時

上記は特に解説はしません笑
やはり、普段吸っていた場面でふと吸いたくなることはあります。
やはり、タバコの依存性は高いものだと改めて思い知らされる部分ですね。

おわりに

さて、いろいろ書きましたが
今現在、タバコを吸いたくなることはごく稀にあれど
もう吸おうと思うことは一切ありませんね。
吸いたいと思っても、吸う気がないこれは長い禁煙の成果だと思います。
私事ですが、娘も生まれたし小遣い制にもなったので
あんな高いタバコはもう二度と吸うことは無いでしょう笑

子供についての記事は別途書いているので
興味がある方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク